2010年06月01日

<社民党>鳩山政権と一定の距離置く 連立離脱を決定(毎日新聞)

 社民党は30日、東京都内で全国幹事長会議と常任幹事会を開き、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で福島瑞穂党首が閣僚を罷免されたことを受け、連立政権から離脱することを決定。連立離脱を決めた後、福島党首は記者会見に臨み「閣僚を罷免になったことに党員、全国の幹事長から『筋を通してよかった』と言ってもらった。新しい政治を切り開くべく、全力で頑張る」と強調した。今後の国会対応については「法案審議はもちろん是々非々でやっていくことになる」と述べ、鳩山政権と一定の距離を置く意向を明らかにした。

 福島氏は会見で、鳩山由紀夫首相が退陣した場合、連立復帰の可能性を問われたのに対し「鳩山首相の進退問題があったとしても、(普天間移設先を)辺野古とした日米共同声明が生きているから関係ない」と否定。野党側が提出を検討している内閣不信任案の対応については「コメントする場面ではない」と述べるにとどめた。

 一方、社民党の辻元清美副国土交通相は30日、前原誠司国交相に電話し、31日に辞表を提出する意向を伝えた。前原氏は慰留したが、辻元氏は「社民党にいただいたポストなので、お返しすべきだ」と固辞、前原氏は辞表を受理する見通しだ。【小山由宇、比嘉洋】

【関連ニュース】
口蹄疫:鳩山首相、近く宮崎訪問
陸山会事件:辻恵民主副幹事長、検察審事務局に説明求める
中国:温家宝首相が訪日 鳩山首相と31日会談
社民党:連立政権離脱を決定 全国幹事長会議
鳩山首相:続投に意欲改めて示す 内閣改造も否定

兵庫県、全生産農家を一斉消毒へ 口蹄疫(産経新聞)
40歳長男と無理心中?67歳女性、民家で自殺(読売新聞)
「福島氏を罷免せざるを得ない状況に陥った」鳩山首相会見 迷走を陳謝 (産経新聞)
2代目ボスは「広太郎」決定 米子・猿が島(産経新聞)
民主・小宮山議員の兄逮捕、宝くじ販売権詐欺容疑(読売新聞)
posted by ヨシザワ カツミ at 12:33| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。